装飾品としての金買取について

金買取コラム

装飾品としての金買取

現物資産としての金、いわゆるゴールドの価値が見直されていくにつれ、上昇しているのがゴールドの価格です。
その為、現在、金買取が活発に行われています。
ゴールドには、溶かして固める事で、また元のゴールドに戻す事が出来るという特性があります。
その為、壊れてもう使えないアクセサリーやゴールド製品等も、ゴールドの価値で計算した上で金買取をしてもらう事が出来ます。
そんな装飾品などに使われているゴールドの特徴は、K18が圧倒的に多い事です。
ゴールドの価値を考えた場合、一番価値が高いのは純度100%のK24です。
インゴットなどもK24が使われています。
そして、その純度と価値の高さから、アクセサリー類もK24が好まれた時代もありました。
ですがゴールドというのはとても柔らかい素材で、強度面が弱いというデメリットがあります。
それに対してゴールド75%、他の金属25%で強度を高めたK18は、丈夫で加工もしやすい事で、現在多くのアクセサリーに使われています。
金買取の現場でも、ゴールド自体の価値としても一番はK24です。
ですが、装飾品などはゴールドの扱いやすさなどからK18が中心となります。
金買取業者で、実際に金買取をしているK18に分類される物には、色々な種類があります。
現在市場には、ピンクゴールドやホワイトゴールドなど色々なカラーゴールドが出回っています。
色が美しく魅力的なこれらは、ゴールド独特の色をしておらず、名前はゴールドとあってもK18とは違う物ではないかと思う人もいるでしょう。
ですが、色がついているのはゴールド以外の素材の配合率を変えた為で、K18とあれば、ゴールドが75%含まれている事になりますから、K18の相場で計算して、金買取ができるのです。
金買取で考えた場合、K18はK24に比べると安く感じるかもしれませんが、K18も高く金買取をして貰える物の一つです。
いらないアクセサリーなどあれば、まずは当社の査定を受けては如何でしょう!
金装飾

PAGETOP