金の純度計算法について

金買取コラム

金の純度計算法

090204_1517

最近は、様々な広告で専門的な金買取り業者が、非常に高額な価格で金買取りをしていることを目にする機会があります。この金という貴金属は、宝飾品などとして使用される事が多いために、何らかの形で所有している方も多く、使用していないアクセサリーなどを金買取り業者に売却する事で、手軽に現金を入手する事が出来るようになっています。又、現在は金の相場価格の継続的な上昇により、金の価格が高騰しているために、金買取り業者で非常に高値で買い取ってもらう事ができる可能性が高いのです。
この金という金属は、他の複数の金属と混ぜ合わせて宝飾品などに使うことが一般的で、金買取り業者に所有している品物を売却する際には、この金の含有量による純度が重要な要素になるのです。
この金という貴金属は、他の金属と混ぜることでその色調を変え、金買取りの際には、その商品に含まれる純金の割合の計算法を把握しておくことが重要になります。具体的には、18金の場合、金の計算法で用いられるは24分率で純度を示すこととなり、重量の24分の18が純金の含有量となっています。その為、残りの金属は別の金属で、この割合いによって他の色調のゴールドになるのです。金買取りではこの純金の純度が金買取り価格に大きな影響を与える要因となります。
又、金を宝飾品として使う場合は、銀やニッケルに加え、パラジウムなど多種多様な金属と混ぜ合わる事が大半です。この時に金の純金の含有される量はカラットであらわされ、純金を含有している量が99パーセント以上となる場合は、24金となります。そして、この純度が低下するにつれ22金や18金などとなり、この純度の高さが金買取り価格に反映される事になるのです。
宝飾品で多く使われる18金は、アクセサリーとして使用する際に最適な性質がある為に、頻繁に用いられる含有量です。その為、金を買取ってもらう際には、この計算方法を把握しておくことが重要になります。

PAGETOP