金買取と純度の関係について

金買取コラム

金買取と純度の関係

金買取りの金額は、実は自分で簡単に割り出すことができます。金製品は純度が様々ですが、24分率で表記されていますので24Kであれば純度100%、18Kであれば18÷24=0.75で75%ということになります。金買取り価格では、持ち込まれた商品に含まれている金の量で金額を決定しますので、商品の重量とこの純度が重要になってきます。

貴金属 査定具体的に金買取り価格の計算例を記しますと、18Kで5gの商品があったとします。その日の金相場が1gにつき3000円だった場合、3000円×0.75×5g=1万1,250円が金製品のその日の価格になります。そこから、金買取り業者と加工業者が受け取る手数料を差し引いたものが、実際の買取価格になります。このことからも分かるように、純度が高い製品ほど高額の金買取りになりますし、純度が低ければ、ボリュームがある商品でも思ったような買取金額にならないということになります。金買取りの前に、自分が所有している商品がどれくらいの割合で金が含まれているもので、どれくらいの重量なのかを知っておくと、ある程度買取金額が予想できるので便利です。純度は、ネックレスならば止め具、ペンダントトップならば裏側などの目立たないところに、○○Kという形で表記されています。重量は、買取業者のところで無料査定を受ければ正確な数字を出してくれますので、すぐに分かるでしょう。後は、相場が高い日に手数料が安い業者を狙うのが高額買取のコツです。

PAGETOP