金買取り雑学について

金買取コラム

金の特徴:展性・延性に富む

現在金買取りは、盛んに行われています。
金は単体で発掘されることから、精錬が必要な金などの金属よりも古くから人間と共に歩んできました。
紀元前3000年前より利用され始め、加工もしやすいことから銀との合金で作られた金貨は、紀元前7世紀から6世紀の間にリディアで作られています。
このように有史以来人類と共に歩んできた金は、金買取りの場では常に高値で取引される貴金属でした。
金買取りが国の発展に大きく寄与した国などもたくさんあります。
この金属の特徴として展性・延性に富むということが挙げられます。
展性・延性に富むということは、素材が破壊することなく柔軟に変形するという限界能力が大変に高いということです。
展性は圧に対して耐える性質ですが、延性は引っ張りに対しての性質です。
金箔は展性の高さを利用していますし、金糸は延性の高さを利用しているものと考えると分かりやすいでしょう。
金は展性・延性に富む金属ですが、必ずしも他の金属が展性が飛んでいれば延性も富んでいるとは限りません。
1グラムで数平方メートルの広さに引き伸ばすことが出来、透かすと向こう側が見えるほどです。
また糸状に伸ばせば、3000メートルの長さになります。
もちろん熟練の業は必要とされていましたが、単純な作業でそのを展性・延性に富む性質を活かすことが出来たことから、豪華絢爛な衣装を作るときには繊維素材として用いられていました。
また昔の表装やフスマ、工芸品などに見られるように、金箔を貼ることで美しさを創りだしてきました。
展性・延性に富む性質は加工のしやすさに繋がり、その他の性質である熱伝導や電気伝導の良さ、電気抵抗の小ささと合わせて、今ではCPUの回路や電子部品のワイヤボンディングなどにも使われています。
これらの材料としての金も、金買取りの場には暫々登場します。
今のように金買取りの価格が高騰していれば、電化製品などの基板から金を取り出しても採算が合います。
金買取りの場には、二次利用の金も多く流入しています。
多くの場で必要とされる金ですから、金買取り価格が上昇しても代用できるものが少なく、常に必要とされる金属です。
金の特徴:展性・延性に富む

PAGETOP