K14について

金買取コラム

金買取:K14

金買取、というとなにやら難しそうですが、最近は百貨店の催事などでも「貴金属・金買取ります」などのコーナーを見かけるようになりました。買い取り店も街中で見かけることが多くなりましたね。
金相場が高騰していることもあり、金買取はぐっと身近になった、と言えるでしょう。

さて、金買取に興味をお持ちの方のなかには、K14の刻印があるジュエリーなどが手元にある、という方もいらっしゃるかもしれません。K14というのは、よく目にするK18と同じ、金の純度を示す記号です。
日本より欧米で多く使われるので、海外で買ったものや、おみやげなどで手に入れた品物にこの刻印が多いです。
K14と表記されるのは、「金の割合が24分の14」、つまり約58パーセントが金で、そのほかの金属(割金・わりがね、といいます)とあわせて合金になっているものです。
割金は加工のしやすさや硬度を保つために混ぜます。もちろん、金は高価ですから、その割合を調節する目的で割ることもあります。
金買取の際には、この純度と金相場をもとに価格が出されます。最近流通が増えている「K14GF」というものがありますが、これは「ゴールドフィルド(金ばり)」という素材です。K14GFは、外側がK14、芯の部分は真鍮などの金属で、いわゆる金メッキよりは厚く金がついていますが、金買取の対象にはなりません。
気になっている金製品がありましたら、いちど査定していただくと、予想外の値がつくかもしれませんよ。

14K

PAGETOP